tse-kaisetsu-01

KAIに入会した正会員とTSE会員は、はじめにお読みください。

KAIからのEメールを確実に受信できるように受信設定をする。

KAIのメール情報サービスは、送信者アドレスinfo@kai-tse.comから会員に届きます。
必ずこのメールアドレスが着信するように、お使いのメールシステムで受信設定をしてください。
※ 受信設定の方法はインターネットで検索してお調べください。
利用しているメール名「Gmail、Yahoo!メール、Docomo、auなど」と「受信設定」で検索すると設定方法が分かります。

★ スマートフォンで受信する場合は必ずPCメールの受信設定が必要です。
★ Gmailをお使いの場合、迷惑メールに入るケースが多くあります。
★ hotmailをご利用の場合、受信者側の設定とセキュリティ上の問題で届かないケースがありました。その場合は、他のメールシステムをご利用ください。

マイページにアクセスする。

マイページはWeb上にある会員の個人専用ページです。
パソコン、タブレット、スマートフォンで利用できます。

次のURLでKAI会員マイページのログイン画面に行けます。ログインIDとパスワードを入力してマイページに入ってください。 URL: https://kai-tse.com/tms/members/

※ KAI公式サイト https://kai.or.jpのトップページにある「KAIマイページ」ボタンからもログイン画面に入れます。

★ ログインIDとパスワードはお申し込み後の返信メールでお送りしています。

★ ログイン画面もしくはご自分が良く利用するサービスをブックマークしておくとすぐにアクセスでき便利です。

★ ログイン後の画面上部に、ご自分が利用できる学習サービスの切り替えボタンがあります。自分が使うサービスを選択してください。

Eラーニングを申し込む

英語の基礎固めと瞬発力を鍛え英会話に役立つ発信力を養うために、Eラーニングを提供しています。

ご利用になるには別途お申し込みが必要です。

会員限定の無料学習サービスのご紹介

メール情報配信

今日の3語

毎朝Eメールで毎日の単語学習「今日の3語」が届きます。
「今日の3語」では、全脳記憶英単語「快単Vol.1・2」の見出し語2201語と快単Vol.3以降に掲載予定の3301語のイメージ画像と覚え方と核となる意味をご覧いただけます。
ランダムに1日3語ずつ紹介しています。
毎日楽しんで英単語に接してもらう試みです。
継続して見てくれている会員がたくさんいます。
自分の英単語力を試すのに役立てください。

週刊メールマガジン

毎週月曜日朝、KAI代表の落合浩一が英語学習に役立つ話題などをEメールでお届けしています。
併せてセミナーや教材のご案内もしています。

お知らせ

セミナーの開催や新教材の発表などがあったときに、事務局からEメールでお知らせしています。
KAIの運営方法に変更があった場合なども、同様にお知らせしています。

Eラーニング

Top Speed Englishの隙間を埋める教材です。
英語の基礎固めと、発信力に大事な瞬発力を鍛えるためのトレーニングに重点が置かれているので、会員から要望の多い英会話力を養うのに役立ちます。
2020年8月現在提供しているコンテンツをご紹介します。

書く単

スラッと書きたい超基礎単語です。
ノートを用意し、正確なスペリングで書いてください。
書けない単語はローマ字読みで覚えましょう!
問題画面をクリックすると答えが出てきます。
大画面表示にすると音声が聞こえます。
書く単150で書けなくてもよい語は1つもありません。
満点法で完璧になるまで練習してください。

中学熟語パターンマスター

200以上の中学英熟語を27のパターンに分けました。
演習は2種類あり、熟語そのものを憶えるものとそれを使った和文英訳を言えるようにするものです。
学習者が全くの英語初心者の場合には前者をマスターし、受信用に活かせればOKです。
メインは和文英訳においてください。
日本語を見て、スラスラ英語が出てくるまで繰り返しましょう。
特に動詞の時制や活用、冠詞の有無が重要です。
熟語をマスターするというよりも、熟語を通じて2大ミスをなくすつもりで取り組むのがよいでしょう。

会話定型表現

会話にはその場で考えて言うことと、決まりきった表現を当てはめるものがあります。
会話がうまく聞こえるには、そのよく使われるフレーズをたくさん覚えるのが近道です。
まずは、基本から大学入試レベルまでの定型表現を100コほど覚えてしまいましょう。
分解してその表現の成り立ちやスピーチレベルをここでは押さえていきます。
その上で個人に合わせた語彙や表現を積み重ねるのが上達するコツです。
英語は使ってなんぼです。実際に口を動かしてみてください。

マイページ

★ マイページはWeb上にある各会員の専用ページで、正・TSE会員には、無料で使用できる学習コンテンツを多数用意しています。

★ 会員は質問フォームから、学習中のTop Speed Englishに関する質問・相談を落合先生にし放題となっています。

Top Speed English Stage1「発音・アクセント11rules」

KAI英語学習は、代表の落合浩一が開発したTop Speed Englishを核として成り立っています。
Top Speed EnglishはStage1からStage5まであり、おとなが0から英語を勉強し直して英検1級レベルを目指せる教材です。
このStage1を会員に無料提供しています。
ネイティブに通じる英語を話すには、発音記号通りに発音できるようになるのが近道です。
また、発音記号が読めると、今後の学習、特に英単語学習で威力を発揮します。
そこで、学習のスタートにあたり、発音記号を正確に読めるようになってもらいます。
KAIの英語学習の大事な基礎になるので、Stage1のPDF教材と8講の動画教材を正・TSE会員に無料提供します。
この技能を習得したうえで、上のステージに進んでください。

全脳記憶英単語「快単VOl.1・2」記憶用・確認用動画

KAIの英単語学習の第1段階として発売したのが、英単語集「快単」です。
Vol.1・2には、中堅大学の受験や英検2級に必須の英単語2201語が収録されています。
この2201語の記憶用・確認用動画を正・TSE会員に無料提供します。
書店やAmazonで快単を手に入れた会員は、ぜひ使ってください。英単語の暗記が楽に進みます。

語源学習講座

KAIでは5つの英単語記憶法を駆使して英単語を楽に覚えていきますが、その記憶法で重要な位置を占める語源記憶をより早く使いこなせるように、重要語源100を解説した学習動画を無料提供しています。

各講座の録画映像と資料の無料提供

今までに開催した無料セミナーの録画映像をご覧いただけます。
講座で使用した資料をPDFでダウンロードできます。
[公開中の録画映像]
 ■ 定期Webセミナーの録画
 ■ 落合流「文書の読み方・書き方」
 ■ 「分かりやすい高校英文法」講座

無料セミナー

年10回定期開催「英語学習支援Webセミナー」

KAI設立当時からずっと続けている当会のメインセミナーです。
2020年7月までで35回開催しました。
基本的には受講者参加型のアクティブラーニングセミナーです。
今は新コロナウイルスの影響で完全にWebセミナーになっています。懇親会ができなくて残念です。
最近はTop Speed English Stage2「おとなのための中学英語」の復習に半分の時間を使い、残りの時間は、英語で配信されているニュース映像などを使い、リスニングやリーディングの実践的な解説を行っています。

一般社団法人設立(2019年9月)以降に開催した無料セミナー

2020年8月「落合浩一流<イメージ英文解釈術>」3回コース
2020年7月「快単2201・パーフェクト記憶」講座体験会 2回開催
2020年4月「分かりやすい高校英文法」4回コース
2019年11月「設立記念セミナー」

会員限定の有料講座のご紹介

Top Speed English

代表の落合浩一が30年以上の講師経験の中で開発した英語学習法の集大成がTop Speed Englishです。
KAIの英語学習の核になっているので、KAIの会員にはできる限り受講してもらいたい講座です。
受講している講座の動画教材をマイページで視聴するので、2020年8月以降の受講者には原則として正会員またはTSE会員としてご入会いただきます。
会費がかかりますがその分以上に受講料を値下げしているので、TSE会員に入会してから受講するのが大変お得です。
※ 一般またはメルマガ会員も受講することができますが、受講料が高くなります。

Stage1「発音・アクセント11rules」無料※前記参照

Stage2「おとなのための中学英語」TSE会員割引価格

Stage3「快英単語」TSE会員価格

Stage4「英文法完成・長文読解」2021年度完成予定

Stage5「快英単語3301」2021年度中完成予定

英語学習を継続するフォロー講座

無料有料にかかわらず、KAIが提供しているほとんどの教材は独学で学習できるようになっています。
しかしながら、英語学習者にとって一番難しいのが自分の力だけで学習を継続することです。
せっかく良い教材を手に入れても積んでおくだけでは英語力は上がりません。
実際に会員の方から「勉強が継続できない。」という声を聞くことがありました。
また、学習者の英語レベルにより、ある程度フォローがないと勉強が進まないというケースがありました。

KAIはこのような状況を見過ごしません。
基本理念として教材の売り逃げはしません。
会員の英語力を上げることをあきらめません。
そこで、中々勉強が進まない会員を対象にした講座を企画しました。
ある程度強制的に、でもゆるく楽しく学習を続けて、一定以上の英語力を獲得する講座です。

「おとなのためのできる英語の第一歩」15回コース 

「Stage2「おとなのための中学英語」のフォロー講座です。
英文の基本構造ルール把握して、重要例文をネイティブぽく1秒で発信できるレベルにする講座です。
2020年春にKAI英語塾を開催しましたが、この経験を踏まえ、基礎英語がより実践的にできるための講座に仕上げます。
当初は年1回開催、受講者が増え講師がそろってきたら開催回数を増やす予定です。

「快単2201・パーフェクト記憶」講座 20回コース

快単Vol.1・2購入者やStage3「快英単語」受講者のフォロー講座です。
20回の講座で快単見出し語2201語を暗記し、発音記号通りに発音できるようになるのが目標です。
「英単語が暗記できない。」と思い込んでいる人が、4カ月後に、重要な2201語を正しく発音できて、日本語の意味が言えるようになっていたら、すごい進歩だと思います。受講者はこうなります。
第1回は2020年8月~12月に開催しました。

中・上級者向け演習講座

「高校英文法演習」講座 10回コース

「分かりやすい高校英文法」は無料講座として開催し、大好評で多くの会員が参加してくれました。
そこで、録画をビデオ講座としてマイページでいつでも視聴できるように配信しています。
この受講生からこのレベルをもっと深く理解し、使いこなせるようになりたいという要望が上がりました。
そこで、「分かりやすい高校英文法」のフォロー講座として、演習を専門的に行う講座を立ち上げることにしました。
2020年中に募集を開始しますのでご期待ください。

「長文読解実践演習」講座 10回コース

「落合浩一流<イメージ英文解釈>術」を無料講座として開催し多くの会員が受講してくれました。
難しい内容でしたが、落合流英文解釈術の理論はご理解いただけたようです。
しかし、落合先生と同じように長文を読解していくには演習が必要です。
そこで、フォロー講座としてこの講座を企画します。
2020年中に募集を開始しますのでご期待ください。

正会員とTSE会員の違い

最後に正会員とTSE会員の違いについてご説明します。
一般社団法人KAIの正会員は、一般社団法人及び一般財団法人関する法律上の社員で、社員総会で議決権を行使することで運営にかかわります。
KAIが任意団体の頃からKAIをご支援くださっている会員や、一般社団法人設立時にクラウドファンドを通じて多額なご支援をしてくださった方が正会員となっています。
KAIの認定講師になるには、正会員が必須の条件となります。

TSE会員は会員ご自身の英語力アップのために、KAIが提供する学習サービスを利用してくれる会員です。
KAIで英語の勉強はしたいが一般社団法人の社員資格や総会の議決権は必要ないという会員が多数いたために、会費を安く使い勝手を良くするためにこの制度を作りました。
KAIとしてはTop Speed Englishを世に広め、英語教育のイノベーションを目指しているので、会費を安くした分TSE会員が増えてくれることを期待しています。
当初は正会員とTSE会員のサービスに差を設けていましたが、今はサービスの差はほとんどありません。

退会手続きについて

TSE会員の退会手続きは、下記TSE会員退会フォームに必要事項を記入し送信するだけで退会できます。
送信日が退会日となり、次の会費の支払いはストップします。
退会日にかかわらず、お支払い済みの会費は返金できません。

正会員の退会は定款の規定により1カ月以上前に、退会フォームで退会の意思表示をしてください。
退会フォーム送信後1カ月後が退会日となります。
クレジットカードで会費を毎月払いでお支払いの場合は、退会フォーム送信日の次の会費のお支払いが必要となります。
年一括で会費をお支払いの場合は、退会日にかかわらずお支払い済みの会費は返金できません。

会員規約