merumagakaiinn-top2-01

一般社団法人KAIのメルマガ会員

当会が会員に提供しているサービスやイベントの一部を1年間無料で参加・体験できるのがメルマガ会員の特典です。
英語学習コミュニティKAIを知ってもらうために作った会員制度です。
代表の落合浩一が開発したTop Speed Englishに触れ、KAIを創設したメンバーやコミュニティーのメンバーと接し、学習支援サービスを利用し、セミナーやイベントに参加し、ご自分の英語力向上に役立ててください。
そして、当会に参加するメリットを感じたらTop Speed Englishを学び、TSE会員や正会員になってください。

メルマガ会員の無料特典

毎日の単語学習「今日の3語」配信

Top Speed English Stage3「快英単語」に収録されている英検準1級、TOEIC730点、一流大学合格レベルに必要な英単語2201語の中から、記憶用画像付きで毎日3語が配信されるサービスです。
2021年からは英検1級レベルの3000語や熟語が追加される予定です。
毎朝英単語に触れ、英語学習のモチベーションを継続できるサービスです。
メルマガ会員の期間は1年間なので、1095語が配信されます。
有料のTSE会員・正会員に移行すると今日の3語が引き続き配信されます。

落合先生の週刊メールマガジン

「英語を快に!」がモットーの落合先生が、英語学習に関連した様々な話題を毎週楽しくお届けしています。
この他にも大事なイベントなどのお知らせメールが届きます。

英語学習支援Webセミナー[年10回開催]

ほぼ毎月開かれるTV会議システムZoomを使ったWebセミナーに参加できます。
カメラ付きパソコンだけでなく、スマートホンでもOKです。
毎回、落合先生が楽しい題材を用意してくれています。
参加型セミナーなのでご自分の英語力を試すチャンスにもなります。
事前にオブザーバー参加と伝えてもらえれば、見学だけの参加も可能ですので、自分の英語力に自信のない方でも安心して参加できます。
まずはどんな形でも参加することに意義があります。

メルマガ会員が参加できる有料イベント

無料イベントの他に、年4回を目安に東京・大阪・名古屋などで開催している特別セミナーに5,000円の料金で参加できます。
毎年3月から3カ月間行っている「英検・単検・TOEIC3カ月チャレンジ」に10,000円の料金で参加できます。

Top Speed English Stage1「発音・アクセント11rules」 受講料1,000円

Top Speed English Stage1「発音・アクセント11rules」は、ローマ字置換法で発音記号を書けるレベルにします。
書けるようになると、必ず読めるようになります。
1日30分程度、わずか8日間で英語の発音ルールを習得できます。
発音記号通りに発音できるのが、ネイティブに通じる英語の近道で、単語学習にも、リスニングにも、音読演習にも発音記号が読めることが役に立ちます。
11のルールを知ると、単語のスペルを見たときに、正しい発音が分かるようになります。
Top Speed English Stage1「発音・アクセント11rules」を1カ月間わずか1,000円で受講できます。
教材はPDFで提供されるので、ダウンロードしてご利用ください。
落合先生の解説動画をKAIマイページで1カ月間視聴できます。

Top Speed Englishを割引価格で購入!参考価格の50%OFF!

Top Speed Englishは、そのコンテンツを開発者のKAI代表落合浩一(株式会社アクティブ英語セミナー)が提供し、筑波書林株式会社が教材の制作と販売を担当しています。
この教材をKAI推奨教材とし、KAIの会員には割引価格で提供しています。

Top Speed English (税込み金額)
Stage2「おとなのための中学英語」参考価格110,000円→55,000円
Stage3「快英単語」参考価格110,000円→55,000円
セット価格220,000円→88,000円
Top Speed English受講者は、TSE会員として登録され1年間無料で会員サービスを受けられます。

必ず末尾のメールマガジン利用規約を読んで同意できる方がメルマガ会員にお申し込みください。

★ その他の注意★
今日の3語やメールマガジンは、info@kai-tse.comから届きます。
このメールアドレスが受信できるようにお使いのメールソフトで各自設定してください。
なお、プロバイダーの迷惑メールブロックサービス等を利用しているかたは、そちらの設定も必要になります。
スマホのメールをご利用されている場合は必ず受信設定をしてください。
具体的な設定方法は、メールソフト、プロバイダーごとに違いますので、各自インターネットで検索してお調べください。
なお、お使いのメールソフトでどうしても接続できない場合は、無料で使えるGmailやYahooメールをご利用ください。

■ KAIメールマガジン(メルマガ)利用規約

本規約は、一般社団法人KAIが提供するメールマガジンを利用するすべての会員(以下「会員」という。)に適用される条件を定めたものであり、 会員が本サービスを利用するには、本規約を遵守するものとします。
また、本サービスを利用する会員は、本規約に同意するものとします。

第1条 登録方法
会員の登録手続きは、KAI所定の登録フォームにより、会員となるご本人自身が行うものとします。
新規会員の登録希望者は、登録フォームにおいて必要項目を入力し、登録をした時点で、本規約の内容を承諾したものとします。

第2条 登録個人情報
会員の登録情報は、当社が定める個人情報保護方針に従い適切に取り扱うとともに、厳重に管理します。
KAIは、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に会員本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。
KAIは、会員の承諾なしに個人情報の修正、変更をしません。
KAIは、メールマガジンの配信以外の目的で登録情報を使用しません。
会員は、会員の登録にあたっては提示する項目に関して正確な情報を登録してください。

第3条 メールマガジンの配信
KAIは、会員に対して、メールマガジン、KAIが提供するサービス関連の情報、運営上のお知らせを含む電子メールを配信できるものとします。
当社は、メールマガジンの配信を登録された会員のメールアドレスにのみ行います。
配信期間はメルマガ会員が1年間、TSE会員および正会員は会員資格がある限り無期限とします。

KAIは、会員が当会所定の方法で会員登録を解除した場合は、それ以降情報の配信提供を行わないものとします。

第4条 登録解除方法
会員は、随時、登録を解除できるものとします。
登録解除を希望する場合、会員本人がメールマガジンより登録解除手続きページへアクセスして登録解除を行うものとします。

第5条 登録内容変更
会員は、随時、登録内容を変更できるものとします。
登録した会員情報に変更があった場合は、会員本人がメールマガジンより登録内容変更手続きページへアクセスして変更手続きを行なうものとします。

第6条 会員登録解除
KAIは、以下に該当する場合、会員登録を解除することがあります。
①会員が本規約に違反した場合
②会員の入力情報に虚偽、過誤がある場合
③登録されたメールアドレスが機能していないと判断される場合
④第三者になりすまして会員登録を行った場合
⑤メールアドレスの利用停止等により配信したメールマガジンが3回以上不達となった場合
⑥メールアドレスが第三者に利用され、登録した覚えがないのにメールマガジンが届いた等の苦情が届いた場合
⑦その他、当社が不適当と判断する行為があった場合

第7条 サービスの変更・中断・停止
KAIは、会員に承諾を受けることなくメールマガジンの配信内容の一部又は全部の変更、 提供頻度の変更、休止、廃止をすることができるものとします。ただし、サービスを完全に廃止する場合には、KAIが適当と判断する方法で、 事前に会員へその旨を告知または通知するものとします。また、KAIからの 当該通知が1ヵ月を経過した時点で会員への通知が完了したものとみなします。
KAIは、メールマガジンの不達、配信の中断、停止に伴い、会員に不利益、損害が生じた場合においても、その責任を負わないものとします。

第8条 免責事項
KAIは、会員がKAIの提供するメールマガジンを利用して被った損害について、一切の保障責任を負わないものとします。
KAIは、KAIが提供する本サービスにおいて、会員間で生じたトラブル(違法又は公序良俗に反する行為の提案、名誉毀損、侮辱、プライバシー侵害、脅迫、誹謗中傷、いやがらせ等)に関して、 一切の責任を負わないものとします。
KAIは、会員が使用するコンピューター、回線、ソフトウェア等の環境等に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
KAIは、本サービスの停止又は中止、本サービス内容の変更によって受ける損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

第9条 著作権
メールマガジンによって提供される文字、写真等のすべての著作物、肖像、ロゴその他の情報に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、KAI又は当該権利を有する情報提供元に帰属します。
会員は、提供コンテンツについて、一切の権利を取得することはないものとし、権利者の許可なく、所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、コンテンツ素材に関する全ての権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。
本条の規定に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、KAIに何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

第10条 準拠法および管轄裁判所
本規約の準拠法は日本国法とします。
本規約に関して、会員と当社の間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

第11条 本規約の追加、変更
当社は、適宜、本規約を追加・変更することがあります。以上